トップページ > 最新情報 > Appleに最大50人の医師が在籍している可能性
2018年12月13日 11時21分

読了まで 140

Appleに最大50人の医師が在籍している可能性

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
Appleの様々な開発チームに医師が在籍していることがわかりました。多くはヘルスケア関連の製品開発に関わっているとみられています。

様々な分野の医師が在籍か

米メディアCNBCは、独自の調査によりAppleで働く20人の内科医のLinkedinプロフィールを発見しました。Appleの内部事情に詳しい人物によれば、最大50人医師が同社に在籍している可能性があるとのことです。
 
Appleで働く医師の一人に小児内分泌学者のラジーブ・クマル氏が挙げられます。スタンフォード大学のルシール・パッカード小児病院に務めていた人物です。
 
他にも心臓専門医のアレクシス・ビーティ氏、整形外科医のシャラット・クサマ氏がAppleに在籍していることが明らかになっています。

社内のヘルスケア施設で働く医師も

Apple Watchの開発部署のいくつかのチームに医師が割り当てられていることがわかっていますが、Apple社員のためのヘルスケア施設AC Wellnessに務める医師もいます。
 
AppleはApple Watch Series 4に心電図(ECG)機能を埋め込むなど、ヘルスケアの方面にさらに力を入れていることで知られています。
 
 
Source:CNBC via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる