トップページ > 最新情報 > MSがMac用Officeを更新、ダークモードなどに対応
2018年12月13日 02時31分

読了まで 210

MSがMac用Officeを更新、ダークモードなどに対応

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Office 365 for mac ダークモード
 
MicrosoftがMac向けOffice 365を「Office 365 for Mac v16.20」へとアップデートし、最新macOSのMojaveで導入されたダークモードに対応しました。

Officeでもダークモードが利用可能に

Microsoftによれば、ダークモードはMicrosoft Word、Excel、Powerpoint、そしてOutlookで利用可能となっています。もちろんこれらOfficeアプリでダークモードを使用するには、macOS Mojaveの設定をダークモードにする必要があります。
 
ダークモードとは通常の白い画面と比べ、光の少ない環境において目に優しい、暗い背景色を指します。

PowerPointが連係カメラ機能に対応

また今回のアップデートにより、PowerPointが同じくmacOS Mojaveで導入された連係カメラ機能に対応しました。iPhoneで撮影した写真を、Mac上のPowerPointに簡単に追加できます。また文法やつづりをチェックする、新しい校正ツールも追加されました。
 
Wordについては、「フォントの埋め込み」が可能になりました。これにより、どのコンピュータで見ても同じ見た目を維持することができます。またOutlookでは会議への出席者の確認やカレンダーの共有などの機能が追加されています。

Google Chromeも近くダークモードに対応か

Chromeのデベロッパービルド、Canaryのダークモード


 
ダークモードについては、Google Chromeも2019年初めには対応するのではないかと、米メディアMacRumorsが報じています。
 
このほどリリースされたChrome 71はダークモード非対応ですが、Google開発者がChromiumにダークモードを実装するコード変更を提出したことが、掲示板サイトRedditへの投稿で判明しています。このコード変更がレビュープロセスで承認されれば、今後のリリースで実現するでしょう。

 
 
Source:Microsoft via 9to5Mac,MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる