トップページ > 最新情報 > クックCEO、iPhoneで撮影されたサーファー雑誌の表紙をTwitterで称賛
2018年12月10日 07時40分

読了まで 210

クックCEO、iPhoneで撮影されたサーファー雑誌の表紙をTwitterで称賛


 
Appleのティム・クック最高経営者(CEO)が、「Surfer’s Journal」11月・12月号の表紙写真を、自らのTwitterに投稿しました。この表紙の写真は、iPhoneで撮影されたものです。

iPhone撮影写真がサーフィン雑誌の表紙に

Stab Magazineに書かれているように、この表紙写真は写真家のザック・ノイル氏がiPhoneのみで撮影したものです。写真のなかで美しい空を背景に波を乗りこなしているのは、プロサーファーのマイキー・ライト氏です。
 
Surfer’s Journalのアートディレクターを務めるジム・ニューイット氏は、表紙の写真を選ぶ際に、すべての人の心に訴えかけるイメージを選ぶようにしている、と語っています。
 
今回の号については、表紙だけでなく裏表紙もiPhoneで撮影されているとのことです。
 
ティム・クックCEOはTwitterで表紙写真の美しさを称賛し、ノイル氏は「サーフィンの芸術性と競技性を捉えている。見ていると波乗りがしたくなる!」とコメントしています。
 

雑誌の表紙を飾ってきたiPhoneで撮影された写真

iPhoneで撮影された写真が雑誌を飾るのは、今回が初めてのことではありません。昨年秋に発行された米TIME誌の「世界を変える女性」をテーマにした10月号の表紙、および特集に取り上げられた46人の女性の写真はすべて、iPhoneで撮影されました。
 
また雑誌Billboardの2017年2月号の表紙も、iPhone7 Plusのポートレートモードで撮影されています。

 
 
Source:Stab Magazine via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる