トップページ > 最新情報 > 新型iPad Proは冷蔵庫のマグネットとして使える?
2018年11月9日 06時32分

読了まで 157

新型iPad Proは冷蔵庫のマグネットとして使える?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPad Pro
 
10月30日の新製品発表イベントで発表された新型iPad Proは、90個以上の磁石を内蔵していますが、冷蔵庫などの金属表面に取り付けることはできるのでしょうか。

90個以上の磁石を内蔵

新型iPad Proでは、第2世代Apple Pencilを磁力でつけてワイヤレス充電することが可能なだけでなく、同時に発表となったSmart Keyboard FolioやSmart Folioも磁力でつけられるようになっています。
 
Pocket Lintによれば、これらアクセサリーを磁力でつけるために、iPad Proには90個以上もの磁石が背面に配置されているとのことです。
 

iPad Proは90個以上の磁石を内蔵 Photo:Pocket Lint

冷蔵庫の扉で試してみた

そこで米メディアCult of Macの記者は、冷蔵庫の扉にiPad Proがくっつくかどうかを試してみました。
 
しかしiPad Proの背面は若干カーブしているため、残念ながら貼り付きませんでした。そこで今度は側面で試したところ、ぴったりとくっついたそうです。ただしご存知の通り側面は非常に面積が狭いため、落下の危険性が高く、「試さないように」とCult of Macは警告しています。
 
次に同メディアの記者は、スチール製の譜面立てで試したところ、やはりぴったりと貼り付きました。こちらは落下の心配はありませんが(底部に支える部分があるため)、磁力はあまり関係ないかも知れません。
 
ほかにもいろいろなものにくっつきそうですが、実験をする場合はあくまで自己責任でお願いします

 
 
Source:Cult of Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, iPad, iPad Pro, おもしろ ネタ  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる