トップページ > 最新情報 > ソフトバンク孫社長、料金値下げの方針を語る!Y!mobileも1〜2割値下げへ
2018年11月6日 01時52分

読了まで 222

ソフトバンク孫社長、料金値下げの方針を語る!Y!mobileも1〜2割値下げへ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会 孫正義社長
 
ソフトバンクは11月5日に決算発表会を開催し、菅官房長官の「携帯料金は4割値下げできる」発言について孫正義社長は「真摯に受け止め対応し、お客様に利益還元する」と料金値下げを行う計画を語りました。また、サブブランドのY!mobileでも来年上半期に分離プランを導入、料金を1〜2割下げる方針も明かされました。

ジャーナリスト暗殺事件に「あってはならないこと」

ソフトバンクが11月5日に開催した決算説明会の冒頭で孫社長は、サウジアラビア政府の関与が疑われるジャーナリスト暗殺事件について「決してあってはならないこと」と沈痛な面持ちで語りました。
 
ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会 孫正義社長
 
同社はサウジアラビア政府系金融機関と提携し「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」として10兆円規模のファンドを設立し、今後の成長が見込める企業への投資を行っています。

ソフトバンクの「ギガ単価」は80円

ソフトバンクは、9月に導入した料金プラン「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」で、通信料金と端末代金を分離した、シンプルでわかりやすい料金プランを中心に据えています。
 
ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会
 
特に、「ウルトラギガモンスター+」では50GBで5,980円という料金プランにより、1ギガあたりの単価は80円となり、ホワイトプラン(7GBで5,700円)の10分の1に下がっており、データ通信単価はソフトバンクが世界で最も安い、とアピールしました。
 
ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会
 

菅官房長官の「4割値下げ」に対応する方針

菅義偉官房長官の「日本の携帯電話料金は高すぎる、4割は下げる余地がある」という発言について、孫社長は「真摯に受け止めながら、しっかりと対応し、お客様への還元を行う」と語り、料金値下げに対応する方針を明かしました。
 
今後、人員を通信事業で約4割削減し、成長分野である新事業に振り向けることで事業の効率化を図る計画とのことです。
 
ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会
 
また、「YouTubeやInstagramなど、データトラフィックの約43%を占めるサービスのデータをカウントフリーにしたことは実質的に4割値下げしたのと同じ」と語ったほか、「9月に分離プランを導入したことで25%〜30%の値下げを行っている」とも説明しました。
 
ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会
 

Y!mobileでも分離プラン、料金1割〜2割下げ

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileについても、分離プランを導入する計画が発表されました。
 
ソフトバンク 2019年3月期 第2四半期 決算説明会
 
Y!mobileへの分離プランの導入時期は来年上半期が予定されており、現在よりも1割〜2割程度、料金を引き下げる計画も明かされています。

 
 
Source:ソフトバンク
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる