2018年10月11日 00時54分

読了まで 152

Apple、複合現実の機械学習に特化したデンマーク企業を買収していたことが発覚


 
近年、Appleは拡張現実(AR)に力を注いでいるといわれていますが、緑色の背景に別の映像をはめ込むクロマキーの機械学習アルゴリズムを開発するデンマークの企業を昨年買収していたことが明らかになりました。

約33億8,000万で買収

デンマークのSpektralは、ヘンリク・パルトフト氏とトーゲ・ジャンセン氏により共同創業された機械学習とコンピュータビジョンが専門の企業です。
 
60fpsの映像でもクロマキー合成を正しく動作させることができるアルゴリズムを開発していたSpektralですが、Appleが昨年約3,000万ドル(約33億8,000万円)で買収していたことが今になって発覚しました。
 
共同創業者の1人のジャンセン氏は、Appleのコンピュータ・イメージングのマネージャーとしてサンフランシスコ・ベイエリアで働いていることがわかっています。

買収した技術の使用用途は広い?

Appleが今後Spektralの技術をどのように利用するかはわかりませんが、カメラやアニ文字、ミー文字など使用用途は多岐にわたるといわれています。
 
米AppleInsiderがAppleにコメントを求めたところ、「Appleは小さめのテクノロジー企業を時々買収するが、目的や計画については一般的に議論しないことにしている」との回答が返ってきたとされています。
 
Appleはコードネーム「T288」のもと、ARヘッドセットの開発を進めているといわれていますが、デバイスの出荷は2020年までは始まらないとされています。
 

SPEKTRAL from Spektral on Vimeo.

 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる