2018年10月10日 16時34分

読了まで 150

Appleのジョナサン・アイブ氏、サウジアラビアの巨大都市計画の名簿リストから消える


 
サウジアラビアの「megacity NEOM」プロジェクトのアドバイザーの名簿に入っていた、の最高デザイン責任者氏の名前が最新のリストに含まれていないことがわかりました。

Appleからは「関係ない」とのコメント

サウジアラビアのNEOM計画とは、サウジアラビアの皇太子ムハンマド・ビン・サルマーン氏によって2017年10月に発表されました。
 
総予算5,000億ドル(約56兆50,36億円)の巨大都市計画で、サウジアラビア北西部からエジプト、ヨルダンまで伸びる26,500平方キロメートルの広大な面積をカバーします。第1フェーズは2025年までに完成するとされています。
 
アイブ氏は世界で最も有名なプロダクトデザイナーとして知られており、最近では英ケンブリッジのThe Cambridge Unionからスティーヴン・ホーキング特別研究員に選ばれたばかりです。
 
アイブ氏はミニマリストな美的感覚をNEOM計画に活かすことができたかもしれませんが、Appleからも同氏はプロジェクトに関係ないと確認が取れており、今後計画への関与はないとみられています。
 


 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる