トップページ > 最新情報 > Google+、来年8月末で消費者サービスを終了。50万件以上の個人情報も流出
2018年10月10日 01時10分

読了まで 156

Google+、来年8月末で消費者サービスを終了。50万件以上の個人情報も流出

Google+
 
Googleは現地時間10月8日、同社の運営するSNSサービスGoogle+の消費者向けサービスを2019年8月末をもって終了することを発表しました。同時に、50万人以上のユーザーデータ流出につながる可能性のあるバグが2018年3月に発見されていたことも発表しています。

90%のユーザーのセッションは5秒以下

Googleは、現地時間10月8日の公式ブログで、2019年8月末をもってGoogle+の一般向けサービスを終了すると発表しました。
 
なお、企業向けサービスは継続されます。Googleは、Google+から他サービスへのデータ移行を支援するための情報提供を行う、と説明しています。
 
2011年にサービスを開始したGoogle+を閉鎖する理由についてGoogleは、「ユーザーからの広い支持を得るには至らなかったため」と説明しており、90%のGoogle+ユーザーのセッションが5秒以内であったことも明かしています。

50万件以上の個人情報流出の可能性のあるバグ発見

Googleは同時に、Google+で使用されているAPIに、50万人以上のユーザー情報が流出する可能性があるバグが発見されたことも発表しています。
 
Googleは、2018年3月にこのバグを発見後すぐに対処しており、開発者がバグを発見した証拠も、バグが不正利用された証拠も発見されていない、と説明しています。

情報流出を把握していた、との指摘も

一方、Googleは50万件以上のユーザーデータの流出を把握していたにも関わらず、情報公開を遅らせたのは、当時、個人情報流出で問題になっていたFacebookと同様に扱われるのを避けるためだったのではないか、とThe Wall Street Journalは指摘しています。

 
 
Source:Google, WSJ
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる