トップページ > 最新情報 > iPhone X以前の機種でもデュアルSIM対応にする特殊アクセサリが登場

読了まで 222

iPhone X以前の機種でもデュアルSIM対応にする特殊アクセサリが登場

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iphone simhub デュアルSIM
 
2018年のiPhone XSシリーズで初めて、AppleはデュアルSIM対応iPhoneをリリースしました。それ以前のiPhoneはSIMカードを1枚しか挿入できませんが、過去の機種もデュアルSIM対応にしてしまうアクセサリが登場しています。

海外では人気のデュアルSIM対応スマホ

日本ではSIMカードを複数所有するという感覚が希薄ですが、地域によって通信の品質にバラつきがあったり、使い切りのSIM販売が一般的だったりする海外では、SIMカード2枚を挿入して複数の電話番号を使い分けられるデュアルSIM対応のスマートフォンが好まれます。
 
ようやくAppleがiPhone XS MaxでデュアルSIMに対応したのも、売り上げで大きなウェイトを占める中国スマートフォン市場での需要を当て込んだためと考えられています(中国のみiPhone XS Max/XRで物理的なデュアルSIM。それ以外の10カ国はnanoSIM+eSIMの組み合わせ)。
 
言い換えれば、iPhone X以前のiPhoneはデュアルSIMに長らく未対応であり、最新モデルを購入しない限り、デュアルSIM機能をiPhoneでは利用することができません。

厚さ1/2のSIM2枚を1枚に

とはいえ、誰もが最新のiPhoneを購入できるというわけでもありません。そこで登場した特殊なアクセサリが「SIMHUB」です。SIMHUBを使うことで、iOS9以降のiPhone5~iPhone Xユーザーは、2枚のSIMをiPhone XS MaxのようにSIMスロットに同時挿入できます。
 
iphone simhub デュアルSIM
 
もしかすると「2枚重ねでは分厚さも通常の2倍となり、iPhoneのSIMスロットに挿入できないのでは」と疑問に思うかも知れません。しかしSIMHUBは、付属のSIMカード分離器でSIMを半分の薄さ(2枚合わせて本来の1枚分の厚さ)にすることによって、この問題を解決してしまいます。
 
iphone simhub デュアルSIM
 
専用のトレイに挿入したら、あとはデュアルSIM用のサードパーティアプリをApp Storeからインストールするだけで、自由に回線を切り替えることが可能です。
 
iphone simhub デュアルSIM
 
言わずもがな非公式アクセサリーであり、SIMの分離に失敗して無駄骨を折ったり、将来的にAppleが対策を講じたりといったリスクも伴います。それを思えば、シーンに応じてその都度入れ替えるか、素直に最新のiPhoneを購入するのが無難でしょう。
 
しかし、どうしても古いiPhoneをデュアルSIM対応にしたい、というユーザーなら、自己責任で一考の余地はあるはずです。
 
 
Source:SIMHUB(英語),今日头条
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる