トップページ > 最新情報 > iPhone XR、アナリストが出荷台数見通し35%引き下げ~日本襲った台風など理由
2018年9月27日 13時22分

読了まで 24

iPhone XR、アナリストが出荷台数見通し35%引き下げ~日本襲った台風など理由

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iphone xr カラー 
 
日本で9月初旬に大きな被害をもたらした台風21号が、10月26日に発売となるiPhone XRの量産体制にも大きな影響を与えているようです。

台風やPegatronが原因か

25年ぶりとなる規模で日本列島を襲った台風21号は、連絡橋が損傷、滑走路が閉鎖されるなど、関西空港の機能を大幅に麻痺させるに至りました。
 
スマートフォン部品の輸出については「部品在庫や代替輸送手段を確保しており、サプライチェーンの影響も限定的だ(国内民間シンクタンク)」との見方もありますが、iPhone XRの量産に少なからぬ影響を及ぼしているとの指摘も出ています。
 
台湾の証券投資コンサルティング富邦投顧は、組み立てを請け負うPegatronの歩留まり率が低下していることも合わせ、2018年第4四半期(10~12月)におけるiPhone XRの出荷台数見通しを、従来の3,700万台から2,400万台へと35%引き下げました。
 
富邦投顧でアナリストを務めるリャオ・シャンイー(廖顯毅)氏によれば、台風の影響が出ているのはJDIが生産を担当する液晶ディスプレイ(LCD)とのことで、従来から懸念されていた遅れに加え、今回の災害でさらに打撃を受けた格好です。

品薄となる可能性も

またリャオ氏は、iPhone XRとiPhone8の組み立てコスト(製造業付加価値:MVA)がともに25ドル(約2,750円)であるのにもかかわらず、iPhone XRはベゼルレスデザインでFace IDのモジュールを採用していることなどから組み立てが複雑であるため、人員にも影響が出ていることを指摘しています。
 
このあたりは、iPhone XRのメイン組み立てサプライヤーをPegatronからFoxconnへとシフトしたという観測とも関係しているでしょう。
 
いずれにせよ、10月だけで2,000万台の出荷が見込まれていたiPhone XRですが、一転して年内で2,400万台に留まるとなると、需要の高さが予測されているだけに品薄となる可能性もあります。
 
 
Source:蘋果即時,朝日新聞
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報, iPhone, iPhone XR  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる