トップページ > 最新情報 > iPhone7以前、iOS12アプデでバッテリー消費が早くなる可能性
2018年9月18日 13時18分

読了まで 222

iPhone7以前、iOS12アプデでバッテリー消費が早くなる可能性

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iOS11とiOS12のバッテリー消費比較動画
 
本日正式リリースされたiOSデバイス向けの最新OS「iOS12」ですが、海外メディアiAppleBytesが公開した動画によると、iPhone7以前の機種ではバッテリー消費が早くなる可能性があることがわかりました。

iPhone7以前の4機種すべてにおいてバッテリー消費が悪化


 
iAppleBytesが公開した検証動画は、「iPhone5s」「iPhone6」「iPhone6s」「iPhone7」の4機種を用いて、「iOS 11.4.1」と「iOS 12 GM(ゴールデンマスター版)」のバッテリー消費を比較するという内容です。
 
検証に当たり、CPUなどに高い負荷をかけるベンチマークアプリ「Geekbench 4」を使い、フル充電の状態から電池が切れるまでの時間を測定しました。
 
テスト結果は以下のとおりとなっています。
 

iOS 11.4.1 iOS 12
iPhone5s 2時間58分 2時間42分
iPhone6 3時間00分 2時間36分
iPhone6s 2時間54分 2時間42分
iPhone7 3時間11分 2時間53分

検証結果は実際の使用と異なる可能性あり

「iOS 11.4.1」と「iOS 12 GM」を比較した場合、テスト端末全てにおいてバッテリーの消費が早くなったことが確認されました。iPhone6においては、最大30分ほどバッテリー持ちが悪くなっていることがわかります。
 
なお、この検証では意図的にCPUへ負荷をかけるという通常とは違う使い方をしているので、実際の使用時とは結果が異なる可能性もあります。
 
本稿執筆時点ではiOS12の配信開始からあまり時間が経っていないため確かなことはわかりませんが、旧iPhoneユーザーからはバッテリー消費が早くなっているという声も聞きます。
 


 


 


 
 
Source:YouTube
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報, iOS  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる