2018年9月15日 18時08分

読了まで 227

AppleがUSB-Cポートを新作iPhoneに採用しなかった理由とは?


 
は現地時間の12日、新製品発表イベントにて2018年の新作iPhone3モデル、 XS、iPhone XS Max、iPhone XRを発表しました。今年のiPhoneからポートが採用されるのではないかと噂されていましたが、いずれのモデルもポートのままとなっており、ポート規格の変更は行われませんでした。

USB-Cポートがいまだに標準ポートとして認められていないから?

今年発売されたBluetoothスピーカー「UE Boom 3」など、新製品でもMicro USBプラグが広く採用されています。
 
USB-Cがいまだ標準ポートとして認知されていないことが、Appleが新作iPhoneにUSB-Cを搭載しなかった理由の一つではないかといわれています。

充電ケーブルの統一で電子ごみの削減に

Androidフラッグシップ機で広く使用されているUSB-CをAppleが採用した場合、充電ケーブルの無駄削減につながるといわれています。
 
欧州委員会によれば、破棄された充電ケーブルは毎年51,000トンの電子ごみとなっているとのことで、同委員会はAppleにLightning端子をUSB-Cへと切り替えるよう要求しています。

USB-Cは唯一の急速充電方法

USB-Cポートは、iPhone8、8 Plus、X、XS、XS Max、XRに急速充電をもたらす唯一の方法だといわれており、iPhoneで急速充電を利用したいユーザーはUSB-C – Lightningケーブルを購入する必要があります。
 

Apple


 
Appleはサードパーティ企業にUSB-C – Lightningケーブルの製造、販売を許可していないため、ユーザーはAppleオンラインショップまたは、Apple ストアで純正ケーブルを購入する必要があります。

ドングルはAppleの大きな収入源に

Apple製品の中でも最も売れているのはドングル(変換アダプタ)であることがわかっています。
 
リアルタイムのデジタルキャンパスサービスを提供するCerosの調査によれば、2018年8月14日時点で最も売れているApple製品のトップ10のうち、半数以上をドングルが占めており、Appleにとって大きな収入源となっていることを示しています。
 
 
Source:The Verge
(lexi)
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる