トップページ > 最新情報 > iPhone X、実はiPhone8 Plusの人気も引き上げていた
2018年9月12日 21時57分

読了まで 340

iPhone X、実はiPhone8 Plusの人気も引き上げていた

Apple iPhone X
 
Appleが毎年発売する新型iPhoneのモデル別販売動向など、興味深いデータを調査会社MixPanelが公表しました。2017年に発売された高価なiPhone Xは、iPhoneの販売価格を引き上げただけでなく、「Plus」モデルの販売を牽引していたことも分かります。

現在、最も使われているモデルはiPhone7

2018年8月時点での、iPhone内でのモデル別シェアは、2016年に発売されたiPhone7が17.34%でトップでした。以下、iPhone6sの13.01%、iPhone7 Plusの12.06%と続き、昨年発売されたiPhone Xは12.0%で4位でした。
 
MixPanel-iPhone
 

シェア20%獲得に6カ月の壁

新型iPhoneが、iPhone内シェアで20%に達するまでの期間を比較すると、大画面化されて記録的ヒットとなった2014年のiPhone6/6 Plusと、その翌年のiPhone6s/6s Plusは、6カ月でシェア20%を獲得しています。
 
MixPanel-iPhone
 
その後に発売されたiPhone SE、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plus、そしてiPhone Xはシェア20%獲得に7カ月を要しています。
 
今年のiPhoneは、6カ月の壁を破ることができるでしょうか。

iPhone6/6 Plus、発売1年でモデル別シェア43.62%を記録

iPhoneシリーズの各モデルが獲得した最高シェアを、発売時期ごとに比較したのが以下のグラフです。
 
2014年9月に発売されたiPhone6/6 Plusは、発売1年後の2015年9月にモデル別シェア43.62%を記録しています。モデル別シェア40%を超えたのはiPhone6/6 Plusのみです。
 
MixPanel-iPhone
 
2017年に発売されたiPhone8/8 PlusとiPhone Xは、2018年8月の時点では29.26%でした。

2017年、iPhoneの売れ方に変化

各モデルごとの最大シェアを詳細に見ると、iPhone Xが発売された2017年に、iPhoneの売れ方に変化が起きていることが分かります。
 
MixPanel-iPhone
 
2サイズ展開が開始されたiPhone6/6 PlusとiPhone6s/6s Plusでは、大画面の「Plus」を大きく引き離して通常モデルが売れています。
 
大画面以外に加えて背景をぼかしたポートレートモードで写真が撮れるデュアルカメラという特徴を持ったiPhone7 Plusでは、iPhone7との差が縮小しています。
 
そして、2017年発売のiPhone8/8 Plusでは、iPhone8 Plusが9.37%、iPhone8が7.89%と、わずかながら「Plus」モデルのシェアが通常モデルを逆転しています。
 
ユーザーの心理としては、iPhone XよりもiPhone8 Plusが相対的に安いため、買いやすかったのかもしれません。

「Plus」モデルの逆転がもたらした効果

iPhone8 Plusは、iPhone Xと比べると低価格ですが、iPhone8よりも高いため、iPhone8 Plusのシェア上昇は、iPhoneシリーズ全体の平均販売価格の上昇をもたらします。
 
7月末に発表されたAppleの業績では、iPhoneの販売台数は低調ながら、売上高は大きく伸びていることが明らかになりました。これは、iPhone Xの好調に加えて、iPhone8 Plusの販売が伸びたことも貢献していそうです
 
Appleの好調な業績は、同社の株価を引き上げ、Appleがアメリカ企業として初の1兆ドル企業になるきっかけとなりました。

発売直後から急激に売れたiPhone X

iPhone8とiPhone Xの、発売からの販売状況を比較したのが以下のグラフです。
 
2017年9月に発売されたiPhone8は、10月で約1%、11月で約2%と出足は鈍かったものの、2018年8月には7.89%へと着実にシェアを伸ばしています。
 
MixPanel-iPhone
 
iPhoneシリーズ10周年モデルとして発表前から注目されていたiPhone Xは、2017年11月に発売されると、翌月の12月にはシェア6%弱を獲得する好スタートを見せ、2018年8月には12%までシェアを伸ばしています。
 
MixPanel-iPhone
 

iPhone6の大ヒットを物語るグラフ

iPhone6と、iPhone7の月別のシェアを示したのが以下のグラフです。
 
iPhoneシリーズの中でも記録的ヒットとなったiPhone6は、2014年9月の発売直後から右肩上がりにシェアを伸ばし、2015年9月に最高シェア33.4%を記録しています。
 
その後、iPhone6s発売の影響はあまり受けていませんが、2016年9月のiPhone7発売直後からシェアを落とし続けています。
 
MixPanel-iPhone
 
2016年9月に発売されたiPhone7は、iPhone6ほどのスタートダッシュは見せておらず、2017年9月に最大シェアとなる18.92%を獲得した後、じわじわとシェアが低下しています。
 
MixPanel iPhone

 
 
Source:MixPanel via AppleInsider
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる