2018年9月3日 23時34分

読了まで 242

2018年4〜6月の国内携帯出荷台数、iPhoneが低迷、ガラケーは今期もゼロ

iPhone X Apple公式


 
2018年第2四半期(4〜6月)の国内台数をIDC Japanが発表しました。の出荷台数は244万台で、前年同期比7.9%のマイナスとなりました。従来型携帯電話の出荷台数はゼロでした。

iPhoneの出荷台数、2015年第2四半期以来の水準に

IDC Japanによると、携帯電話とスマートフォンの合計出荷台数は717万台で、前年同期比0.9%プラスと、ほぼ横ばいとなりました。
 
これは、Apple(iPhone)の出荷台数が前年同期比7.9%マイナスとなる244万台にとどまったことが全体に影響しています。
 
IDC Japanによると、iPhoneの1四半期あたり出荷台数が250万台を割り込むのは2015年第2四半期以来、とのことです。
 
一方でAndroidスマートフォンの出荷台数は合計462万台で、前年同期比9.9%のプラス成長となり、2016年第3四半期(7〜9月)以来、成長が継続しています。

iPhoneは首位を維持もシェアを落とす

スマートフォンベンダー別は、Appleが34.6%で第1四半期(48.8%)同様トップの座を維持していますが、シェアは低下しています。
 

2018年第2四半期 国内スマートフォン出荷台数 IDC Japan

2018年第2四半期 国内スマートフォン出荷台数(IDC Japan)


 
2位以下はシャープ、ソニー、京セラ、Samsungの順で続いており、IDC Japanのアナリストである菅原啓氏は、「シャープがV字回復傾向にあり、今後の動向が注目される」とコメントしています。

ガラケーの出荷台数、2018年前半はゼロ!

従来型携帯電話の出荷台数は11.5万台でしたが、これは第1四半期と同様、機能を限定したいわゆるキッズケータイであり、通常の従来型携帯電話(いわゆるガラケー)の出荷台数は今四半期もゼロでした。2018年前半、従来型携帯電話は国内で1台も出荷されていない、ということになります。
 
MVNO事業者向けのSIMフリーモデルの出荷台数は38.3万台で、前年同期の52.4万台から26.9%と大幅に落ち込んでいます。SIMフリーモデルの出荷台数は、2016年第4四半期(10〜12月)がピークで、減少傾向が続いているとのことです。

今年のiPhone低迷の原因は?

昨年の4〜6月というと、iPhone X(当時の噂ではiPhone8)の情報が飛び交い、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が業績発表で「iPhone X待ち」による買い控えを懸念する発言をするほど、iPhone10周年モデルへの期待が高まっている時期でした。
 
国内に限った話ですが、iPhoneの国内出荷台数が低迷した一因には、5〜6月に発売されると噂されていたものの、発売されなかった「iPhone SE 2」を待つユーザーが多かったからかもしれません。Forbesの報道によると、「iPhone SE 2」は2018年中には発売されない、とも言われています。
 
2018年の新型iPhoneは、現地時間9月12日のスペシャルイベントで発表される見込みです。その後、14日に予約受付開始、21日に発売という日程が有力視されています。

 
 
Source:IDC Japan
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる