トップページ > 最新情報 > 2018年第1四半期、国内のガラケー出荷台数がついにゼロ!IDC Japan発表

読了まで 24

2018年第1四半期、国内のガラケー出荷台数がついにゼロ!IDC Japan発表

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone 8 RED
 
IDC Japanは6月7日、2018年第1四半期(1〜3月)における国内の携帯電話・スマートフォンの出荷台数を発表しました。iPhoneの強さが突出する一方で、ガラケーの出荷はゼロとなりました。

2018年第1四半期の出荷台数、前年同期比9.2%増

IDC Japanによると、2018年第1四半期の国内携帯電話・スマートフォンの出荷台数は971万台で、前年同期比9.2%の増加となりました。
 
1,107万台の出荷を記録した2017年第4四半期に続き、好調に推移しています。

Appleがシェア48.8%でトップ、好調はiPhone Xよりも8か

メーカー別出荷台数では、Appleは474万台のiPhoneを出荷しており、これは前年同期比11.3%増の2桁成長となりました。
 
Appleのメーカー別シェアは48.8%で、2017年第4四半期の56.1%から下がったとはいえ、圧倒的トップです。
 
なお、IDC Japanは、iPhone XよりもiPhone8/8 Plusの出荷台数が多かったと推定しています。
 
2018年第1四半期(1〜3月)国内出荷台数 IDC Japan
 
2位以下はシャープ、ソニー、京セラ、Samsungと続いています。

ガラケー、3カ月間の出荷台数ゼロ!

従来型携帯電話(いわゆるガラケー)の出荷台数は12万台でしたが、これは「キッズ向け」の機能限定モデルであり、通常の携帯電話の出荷台数は、2018年第1四半期はゼロとなりました。
 
まだ、MVNO事業者向けの出荷が多いSIMフリーモデルは34.2万台で、前年同期の76.6万台から半数以下と大きく減少しています。

iPhoneの強さが際立つ日本市場

IDC Japanのシニアマーケットアナリスト菅原啓氏は、国内市場の動向について「Appleの強さが際立ち、強固な地盤を固めつつある」とiPhoneの存在感を評価するとともに、Android端末は「Huaweiなどの外資系ベンダーの存在感が日本国内においても増してきており、国内ベンダーの巻き返しが期待される」とコメントしています。
 
 
Source:IDC Japan
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる