70年代に作られたApple-1コンピュータ(動作確認済み)がオークションに出品


 
Appleの共同設立者のスティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が、1976年から1977年にかけてデザインし、製作したとされる200機のApple-1コンピュータのうち、現存するのは60機だといわれていますが、そのうちの1機が米ボストンのRR Auctionにて9月に出品されることがわかりました。

Appleの初期の姿を垣間見ることができる一品

オークションに出品されるApple-1コンピュータは、Appleに特化したコンピュータ歴史家のコリー・コーヘン氏により、オリジナルの、動作可能な状態へと復元されました。
 
テストを行った際、システムは8時間の間エラーなしで動作したとされています。1970年代のオリジナルのキーボードも付属しています。
 
米国で初の株式時価総額1兆ドル(約110兆円)の上場企業となったAppleの初期の姿を垣間見ることができる一品となっています。
 
Apple-1の当時の販売価格は666ドルでしたが、オークションでは30万ドル(約3,340万円)、もしくはそれ以上の値段がつくとみられています。
 
セットにはマニュアルも付属しており、当時のAppleロゴを拝むことができます。
 

RR Auction


 
 
Source:RR Auction via Associated Press News
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次