トップページ > 最新情報 > ARKitを使った新感覚の自撮りミュージック・ビデオアプリ「JIDO-RHYTHM」

読了まで 25

ARKitを使った新感覚の自撮りミュージック・ビデオアプリ「JIDO-RHYTHM」

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
坂本龍一やショーン・レノンとのコラボを行っている日本のミュージシャンCornelius(コーネリアス)の楽曲に合わせて、様々な拡張現実(AR)のエフェクトを自撮りカメラ越しにかけ、自分だけのミュージック・ビデオを制作できる「JIDO-RHYTHM」を紹介します。

歌詞の内容に応じて変わるARエフェクト

JIDO-RHYTHM」は、東京都港区の21_21 DESIGN SIGHT ギャラリーで現在開催されている企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」(10月14日まで)の作品の一部として製作された模様です。
 
Appleの提供するiOS向けのARフレームワークARKitを用いて開発されたという、自撮りミュージック・ビデオアプリは、歌詞の内容に応じて変わるARエフェクトで、オリジナルMVを作ることができます。
 
アプリ開発者の北千住デザイン氏は、6月30日に「JIDO-RHYTHM」を用いて作ったミュージック・ビデオのクリップをTwitterに投稿しました。
 


 
なお、アプリの動作には、顔のトラッキングが欠かせないため、TrueDepthカメラを搭載しているiPhone Xが必要と記載されています。
 

JIDO-RHYTHM
カテゴリ:音楽
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:北千住デザイン, 21_21 DESIGN SIGHT
(lexi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる