2018年8月3日 13時52分

読了まで 20

FacebookとInstagram、利用時間を管理する新機能導入

Facebook


 
Facebookは現地時間1日、同社のSNS「Facebook 」と「Instagram」に、アプリ利用時間を管理できる3つの機能を導入すると発表しました。近年問題になっている、SNS中毒に対処するための施策と見られます。

過去1週間の利用時間を表示、設定した時間を超過するとリマインドが届く

今回Facebookが発表した機能は、「アクティビティダッシュボード」、「デイリーリマインダー」、「プッシュ通知のミュート設定」の3つです。
 
アクティビティダッシュボード」は、過去1週間のアプリ利用時間がグラフで表示され、1日あたりの平均利用時間を知ることができる機能です。Instagramでは「アクティビティ」、Facebookでは「Facebookの利用時間」という項目で確認できます。
 
デイリーリマインダー」は、事前に設定した利用時間を超過すると、リマインダーが送信される機能です。この機能は、「アクティビティダッシュボード」内の「デイリーリマインダー」から設定できます。
 
プッシュ通知のミュート設定」は、一定期間、プッシュ通知をミュートする機能です。15分〜8時間といった間隔で時間を設定でき、この間はプッシュ通知は届きませんが、アプリを開くと新しい通知が表示されます。
 
FacebookとInstagramの使いすぎ防止機能

スマホ中毒の対応に迫られる大手IT企業

近年は若者のスマホ中毒・SNS中毒が問題視されており、大手IT企業は対応に迫られています。
 
Appleは今年9月にリリース予定のiOS12において、アプリの使用時間を管理する機能「Screen Time」の導入を発表しており、Googleも次期OSのAndroid Pにアプリ利用の制御機能を搭載することを明らかにしています。
 
YouTubeでは今年5月に、動画を見ている際に休憩を促すリマインダー機能が追加されました。
 
 
Source:Facebook via ITmedia
Photo:pixabay
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる