トップページ > Mac > 新型MacBook Proは冷却不足でIntel Core i9の実力が発揮されない?
2018年7月18日 17時14分

読了まで 28

新型MacBook Proは冷却不足でIntel Core i9の実力が発揮されない?

Apple MacBook Pro 2018
 
2018年の新型MacBook Proの最大のサイズである、15インチモデルに搭載可能のIntel Core i9は、非常にパワフルな処理能力を持っていますが、ボディ内の冷却不足により、その真の実力が発揮されない可能性があることがわかりました。

デバイスレビュー専門のYouTuberが問題を指摘

最新デバイスレビューの人気チャンネルを運営するYouTuberのデイブ・リー氏は、2018年の新型MacBook Pro 15インチ2.9GHz 6コアのIntel Core i9を搭載した場合、冷却不足によりCPUの処理能力が抑制されてしまう「CPU スロットリング」が起こる可能性を指摘しています。
 
CPUのスロットリングは、チップが過度に熱くなるのを防ぐための調整機能として欠かせないものですが、新型MacBook Pro 15インチのIntel Core i9に生じるスロットリングの度合いは非常に大きなものとなっており昨年のMacBook Proよりも処理能力で劣ってしまうという残念なベンチマークテストの結果が報告されています。
 
5K動画のレンダリング速度テストでは、Intel Core i7搭載の2017年のMacBook Pro 15インチが35分22秒でタスクを終えたのに対し、Intel Core i9搭載の2018年のMacBook Pro 15インチは39分37秒かかってしまっています。
 
macbook pro 2018

試しに冷蔵庫に入れると処理能力が著しく向上

2018年のMacBook Pro 15インチモデルの冷却不足がCPUの処理能力抑制の原因になっていることを証明するため、リー氏はコンピュータを冷蔵庫に入れて再びベンチマークテストを行いました。
 
macbook pro 2018
 
その結果、Intel Core i9搭載MacBook Pro 15インチは同じタスクを27分18秒でこなすことに成功しました。
 
macbook pro 2018
 
リー氏は自身のMacに対する愛情を表現しながらも、今回のMacBook ProのCPU スロットリングだけは解せないと、デバイスに対する厳しい意見を述べています。
 

 
 
Source:Dave Lee/YouTube via AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる