Apple、送金機能「Apple Pay Cash」をアピールする動画を4本公開

Apple Pay Cash

Apple Pay Cash
 
Appleは現地時間13日、公式YouTubeチャンネルにて、送金サービス「Apple Pay Cash」をアピールする15秒間の動画を4本公開しました。

「Apple Pay Cash」の簡易さをアピール

今回、Appleが公開したのは「Just text them the money」という動画です。日常生活においてApple Pay Cashを利用する様子が描かれており、シーンごとに「Rent」「Hungry」「Wedding」「Lost Shirt」の4本が公開されています。
 

 
「Rent」は、家賃をApple Pay Cashを使って支払う内容になっています。
 

 
「Hungry」では、冷蔵庫の中が空っぽで食べるものがないことを伝えると、すぐに母親から50ドルの食事代をもらうことに成功しています。
 

 
「Wedding」では、「チケットが手に入ったけど250ドルでどう?」というメッセージに対して、初めは「フィルの結婚式があるから」と断っています。しかし、その後、チケットが手に入りづらいクラブ席であることがわかり、「フィルはまた別の結婚式をあげるから」と言ってApple Pay Cashでチケット代を払うという、少し冗談めいた内容になっています。
 

 
「Lost Shirt」では、借りたシャツを失くしてしまったと言い15ドルをApple Pay Cashで払っています。しかし、それではボタン一つしか買えないと言われ、さらに145ドルを払うようにリクエストされています。

iOS11.2から搭載されたApple Pay Cash

「Apple Pay Cash」は、iMessageとApple Payを用いた個人間送金を行う機能で、昨年12月に公開されたiOS11.2より利用可能となっています。
 
Apple Payに対応したiOS端末同士であれば、連絡先を知っているだけで簡単に送金を行える便利な機能ですが、現時点では米国のみで提供されており、日本では利用できません
 
 
Source:YouTube
(kotobaya)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2016年より専業Webライターとして活動。iPhone使用歴は11年以上。iPad、MacBook Pro、Apple Watch、AirPods Pro、AirTagなどApple製品を愛用。

特集

目次