トップページ > 最新情報 > Apple元従業員、自動運転車に関する企業秘密の盗難で告訴

読了まで 235

Apple元従業員、自動運転車に関する企業秘密の盗難で告訴

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
Apple勤務時代に、自動運転車プロジェクトに関わっていた元従業員が、機密情報を盗んだとして告訴されたことが、カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所に提出された文書から明らかになりました。

「プロジェクト・タイタン」に従事

シャオラン・ザン被告は2015年12月にAppleに入社、「プロジェクト・タイタン」で自動運転車向けのソフトウェアおよびハードウェア開発に従事していました。被告はコンピューター・チームに所属し、回路の設計や実験、センサーデータの解析に携わっていたようです。
 
仕事の性質上、ザン被告は機密情報を含む社内のデータベースへの、広範囲に及ぶアクセス権限を持っていました。
 
2018年4月、子供が生まれたために有給を取り、休暇中に中国を訪問した被告は、帰国後上司にAppleを退社し、自動運転技術を開発する中国のXMotorsへ転職する意志を告げました。

データをダウンロードし妻のパソコンに転送

その時の態度に不審なものを感じた上司が上層部に報告、セキュリティ部門が調査を開始したところ、ネットワークへのアクセスが最近になって急速に増えていることが判明。ザン被告はプロトタイプやプロトタイプ要件、企業秘密および知的財産を含む情報にアクセスし、ダウンロードしていました。
 
また4月28日の夜には自動運転のソフトウェア研究所とハードウェア研究所を訪れ、データをダウンロードしていただけでなく、ハードウェアを箱に入れて持ち帰っていたこともわかりました。
 
その後の内部調査で、ザン被告はデータとハードウェアを有給休暇中に自宅に持ち帰ったこと、また機密データを自分のデバイスから妻のパソコンへ転送していた事実を認めました。

約2,000人のみがアクセス権限を所有

興味深いのは、裁判所に提出された文書から垣間見える、Appleの情報セキュリティ対策です。文書によれば、プロジェクト・タイタンのような機密性の高いプロジェクトにアクセスするには、まずAppleの仮想プライベート・ネットワーク(VPN)にログインし、承認される必要があります。承認には、すでにプロジェクトへのアクセス権を持つ別の従業員の推薦が必須であり、さらに上層部がこの推薦をチェックします。
 
自動運転プロジェクトのデータにアクセスできる従業員は約5,000人で、ザン被告がアクセス権を持っていたさらに機密性の高いデータにアクセスできるのは、そのうち約2,000人のみとのことです。
 
ザン被告は6月末に連邦捜査局(FBI)による取り調べを受け、その後7月7日に中国へ出国しようとしたため、逮捕されました。
 
被告はAppleの企業秘密を盗んだ罪により、最高10年の禁固刑と25万ドルの罰金を科せられる可能性があります。

2017年だけで12人が情報漏洩で逮捕

Appleは機密漏洩について厳しい態度を取っており、今年4月には全従業員に対し、新製品や計画に関する情報のリークをやめるよう、社内ブログで警告しています。同ブログによれば、2017年だけで29人による情報流出が発覚、うち12人は逮捕に至ったとのことです。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる