トップページ > 最新情報 > 「タウンWiFi」アプリ、ビッグデータを活用してユーザーに最適化された接続を実現
2018年7月10日 19時33分

読了まで 211

「タウンWiFi」アプリ、ビッグデータを活用してユーザーに最適化された接続を実現

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

タウンWiFi
 
国内外のWiFiスポットに無料接続できる人気アプリタウンWiFi」が、ビッグデータを活用して遅いWiFiや接続不要なWi-Fiに接続しない「WiFi接続パーソナライズ」機能を搭載したと発表しました。

ビッグデータを活用してユーザーごとに最適化された接続

タウンWiFi」には従来から、通信速度が遅いWiFiに繋がった場合はすぐに切断する「遅いWiFiに接続しない」機能が搭載されていましたが、「WiFi接続パーソナライズ」は、ユーザーの利用状況やWiFiの混雑状況などのビッグデータから、個々のユーザーごとに最適化された接続を行います。
 
不要なWiFiに繋がってしまうことによるユーザーのストレスを軽減するほか、WiFi提供者が「これ以上利用して欲しくない」タイミングで接続を自動で制限し、提供者の負荷を軽減することもできます。

混雑状況、ユーザーの状況に応じたパーソナライズ

「WiFi接続パーソナライズ」機能は、アプリの利用状況から、遅いWiFiを利用しているユーザーや通信制限が近いユーザーを必要度が高いユーザー、などとユーザーのWiFI必要度を自動分析し、接続のコントロールに活用します。
 
また、混雑状況に応じた接続・切断を行うほか、混雑しそうなWiFiへの接続を回避することも可能です。
 
タウンWiFi Before
 
タウンWiFi After
 
例えば、駅に設置されたWiFiスポットの場合、ホームで待機しているユーザーは接続し、電車乗車中ですぐに電波が弱くなるなら接続しない、といったユーザーニーズを踏まえた接続が可能となります。
 
また、カフェのWiFiなら通り過ぎるだけなら接続せず、よく利用するカフェなら接続するような、パーソナライズされた接続も実現可能です。

既存機能もリニューアル

既存の「遅いWiFiに接続しない」もリニューアルされ、WiFi接続時のみ通信速度をチェックし接続・切断していたのを、接続後も混雑状況や電波強度をチェックするように変更されています。
 
これにより、接続後に混雑して速度が低下したら切断する、などユーザーが必要とする速度でのWiFi接続が利用可能となります。
 
2017年11月には、タウンWiFiのMac版アプリも公開されています。
 

 
 
Source:PR Times, タウンWiFi
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる