トップページ > Apple Watch > MacBook Proだけじゃない?Apple Watchでも集団訴訟
2018年6月8日 04時08分

読了まで 26

MacBook Proだけじゃない?Apple Watchでも集団訴訟

Apple Watch スクリーン割れ
 
AppleがApple Watchのスクリーンの「欠陥」を理由に、集団訴訟を起こされていることがわかりました。

スクリーンが割れるなどの不具合が発生

Appleは現在、MacBook Proのバタフライ式キーボードに設計上の問題があるとして、米国内で最低でも3件の集団訴訟に直面しています。しかしApple Watch関連でも、集団訴訟が起きているようです。
 
米メディアPatently Appleによると、米コロラド州在住のケネス・シアカ氏が現地時間6月4日、カリフォルニア州サンノゼでAppleを相手取り、500万ドルの損害賠償を求める集団訴訟を起こしました。原告側はApple WatchのSeries 0(第1世代)からSeries 3までと、全モデルで問題が起きていると訴えています。
 
問題の内容は共通しており、いずれもApple Watchの取り扱いに問題がなかったにも関わらず、購入後数週間、場合によっては数日で、スクリーンにひびが入る、割れる、本体から外れるといったトラブルが生じたと主張しています。
 
さらに原告側は、Appleは販売開始以前からApple Watchに欠陥があることを認識していた可能性があること、また一部の消費者がSeries 0〜3の発売直後からスクリーンの問題をAppleに対し訴えていたにも関わらず、Appleが欠陥として正式に認めていないことを問題視しています。

バッテリー膨張問題が影響している可能性も

AppleはApple Watch Series 0については、バッテリーの膨張と、裏ぶたが外れる不具合を認識しており、購入日から3年間の無償修理(通常は1年)を提供しています。バッテリーの膨張については、のちにSeries 2でも同様の問題が発生、無償での修理に応じていました
 
スクリーンの割れや不具合については、これまでAppleからの正式な報告はありません。しかし米メディア9to5Macは、バッテリーの膨張が影響している可能性もあると指摘しています。

 
 
Source:Patently Apple via 9to5Mac
Photo:BMACadelic/YouTube
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる