トップページ > 最新情報 > iPhone7シリーズで再起動を繰り返す「ループ病」が急増か〜初期症状あり

読了まで 241

iPhone7シリーズで再起動を繰り返す「ループ病」が急増か〜初期症状あり

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone7 Plus iFixit
 
2016年にiPhone7シリーズが登場して2年近くが経過しましたが、このところ修理業者のもとへ「再起動を繰り返す」としてiPhone7/7 Plusを持ち込むユーザーが急増しているそうです。しかし、原因は思いもよらぬところにありました。

原因はオーディオチップとパッドの接続不良

ニュースサイトMOTHERBOARDによると、英ロンドンでスマートフォン修理業者を営むフェデリコ・セルヴァ氏のもとには、特定の症状を持つiPhone7/7 Plusが、過去6カ月で1週間あたり10〜15台は持ち込まれるそうです。
 
その症状とは、SIMトレイ近くのマザーボードに位置するオーディオチップに接続されたパッドが緩んで接続不良になっている、というものです。しかも、この接続不良が悪化すると、iPhoneがクラッシュと再起動を繰り返す「ループ病」に陥ることも分かっています。
 
2016年にも「iPhone6 Plusがアプリのクラッシュ(強制終了)と再起動を繰り返す」という不具合が大きな問題となりましたが、セルヴァ氏によると「より深刻な症状」なのだとか。
 
同氏は、ループ病が始まる前の初期症状として、通話中にボイスメモやスピーカーのボタンがグレイアウト(選択できないようになる)したり、断続的にフリーズを起こしたりする傾向が見られる、と述べています。
 
スピーカー マイク オフ iphone7 iphone7 plus
 
この症状を放置しておくと、電源を入れてもAppleのロゴがずっと表示されるままで画面が切り替わらない、というループ病に発展します。

ダメージが蓄積されて経年劣化で起きる問題か

米ニューヨークで修理業者を運営するジェサ・ジョーンズ氏は「新しい携帯に起こることは稀であり、経年劣化によるものだ」とMOTHERBOARDの取材に対して答えています。つまり、単純に症状を訴える消費者のiPhone7シリーズの寿命が近いというわけです(ただし、Appleは「製品買い替えサイクルとして想定している期間」をiPhoneの場合は3年としています)。
 
ただし、どんな行動が不具合を引き起こすのかについては、修理業者の間でも意見が分かれており、ジョーンズ氏は、尻ポケットにiPhoneを入れっぱなしで座席に座るような「折り曲がるような使用が原因だ」とする一方、先述のフェデリコ・セルヴァ氏は「落下がパッドを断線させる原因だ」と分析しています。
 
修理自体は難しいものではなく、15分ほどで完了し、彼らのようなApple正規サービスプロバイダでは100〜150ドル(約1万1,000円〜1万6,500円) ほどで請け負ってくれるとのことです。

非常に小規模ではあるがAppleも問題を認識

なお、Appleも「非常に小規模ではあるものの」iPhone7のマイク部分に関するレポートが上がってきていることを認めており、そうした不具合が起きた場合は、AppleCareに相談するよう勧めています。
 
ちなみにAppleは先月、正規サービスプロバイダを対象に、iPhone7/7 Plusについて「スピーカーボタンが灰色になる」という不具合がiOS11.3で起きる可能性があるとする文書を配布しています。ただ、これはソフトウェア側の不具合と考えられるため、今回のハードウェアに直結した不具合との関連性があるかどうかは不明です。
 
 
Source:MOTHERBOARD
Photo:iFixit
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる