2018年6月5日 15時32分

読了まで 150

iOS12ではiOSのアップデートを自動インストールする設定が可能

WWDC18 iOS12


 
では、iOSのを自動でインストールする設定が可能であることがわかりました。

iOSのアップデートを自動で実行してくれる

世界開発者会議(WWDC 18)の基調講演では触れられませんでしたが、iOS12では、設定アプリから「一般」から「ソフトウェア・アップデート」のメニュー内に「自動アップデート(Automatic Updates)」の項目が追加されている、と米メディア9to5Macが報じています。
 
iOS12 自動アップデート 9to5Mac
 
「自動アップデート」の下には自動でアップデートをインストールします」と記されており、iOSのアップデートが配信されるとiPhoneが自動でインストールを行う機能と考えられます。
 
初期状態では、このオプションはチェックがついておらず、オフになっているとのことです。

利用条件への同意などの手順は?

多くの場合、ソフトウェアのアップデートを適用することで、セキュリティが強化され、安定性が向上することから、常に最新のソフトウェアを使用するのが理想的です。
 
しかし、現在iOSのアップデートを実行する際は利用条件などに同意する手順を踏む必要があります。仮に、iOSが自動インストールされるようになった場合、この手順がどう変更されるのかは不明です。
 
macOS App Store アップデート
 
なお、macOSではが電源に接続されていればmacOSの自動アップデートが可能となっています。同様に、iOS12でもiPhoneやが電源に接続されていることが自動アップデートの条件となる可能性があります。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる