トップページ > iPhone9 > 6.1インチ液晶のiPhone、発売が11月にずれ込む?韓国メディア報道
2018年6月2日 01時03分

読了まで 23

6.1インチ液晶のiPhone、発売が11月にずれ込む?韓国メディア報道

iPhone 2018 (KGI証券) AppleInsider
 
今年の秋に発売が見込まれる6.1インチ液晶モデルのiPhoneは、液晶ディスプレイの製造上の問題により発売が11月にずれ込むようだ、と韓国メディアが報じています。液晶ディスプレイはジャパンディスプレイとLG Displayが製造を担当しているとのことです。

液晶ディスプレイの「ノッチ」に問題発生

Appleは今秋、iPhone Xの後継となる有機EL(OLED)モデル、「iPhone X Plus」と噂される大型OLEDモデル、低価格の6.1インチ液晶モデルの3タイプのiPhoneを発売すると予測されています。
 
しかし、6.1インチモデル用の液晶パネルを製造しているジャパンディスプレイとLG Displayが、製造上の問題で歩留まり(良品率)が悪く、発売が11月にずれ込む、とThe Bell Koreaが報じています。
 
JDIとLGは、液晶ディスプレイ上部の「ノッチ(切り欠き)」部分で、バックライトの光が漏れてしまう問題に直面しているとのことです。
 
一方、OLED搭載の2モデルは予定どおり9月に発売されるとのことです。The Bell Koreaは、高価格帯の2モデルが先に発売されるのはAppleの業績にはプラスに働くだろうと予測しています。

昨年はOLED初搭載のiPhone Xで発売に遅れ

今回の報道について米メディア9to5Macは、The Bell Koreaの情報源が匿名の人物であり、真に受けすぎない方が良いだろうと慎重に報じています。
 
しかし、昨年はiPhoneシリーズでは初となるOLEDや、顔認証用のTrueDepthカメラを初採用したiPhone Xの発売が11月にずれ込んでいます。
 
そのため、液晶ディスプレイとノッチデザインという、初の組み合わせの影響で製造上の問題が発生し、出荷が遅れる可能性も考えられるが、もう少し信頼できる情報が出るのを待っても良いだろう、と呼びかけています。

 
 
Source:The Bell Korea (Google翻訳) via 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる