トップページ > iPhone SE 2 > iPhone SE 2のノッチはどうなる?
2018年5月12日 13時58分

読了まで 20

iPhone SE 2のノッチはどうなる?

iphone se 2 2018 ノッチ
 
iPhone Xより登場したノッチ(切り欠き部分)ですが、この特徴はiPhone SE 2にも引き継がれるのでしょうか。引き継がれるとしたら、どのような形状を採るのでしょうか。

どのようなノッチデザインになるのか

ニュースサイトSLASH GEARが公開したノッチ画像は2種類あります。1つは先日公開されたレンダリング画像と似たノッチデザイン、そしてもう1つはiPhone Xをベースとしたデザインです。
 
まずは、1つ目のノッチデザインです。ディスプレイが4インチであるためか、現行のiPhone Xよりすっきりとしており、ディスプレイ領域がギリギリまで確保されているのが特徴です。なお、このデザインはリーク情報で知られるベンジャミン・ジェスキン氏が以前公開したレンダリング画像と似ています。
 
iphone se 2 2018 ノッチ
 
2つ目は、iPhone Xと同じノッチデザインです。最近iPhone SE 2のものとして出回っているリーク画像の多くは、このデザインを採っていることから、iPhone Xと同様のフルスクリーンが採用されるとするならば、こちらの可能性が高そうです。
 
iphone se 2 2018 ノッチ

iPhone Xとは扱いが違う?

しかし、一部には「そもそもノッチが採用されないのではないか」という見方も存在します。
 
iPhone SE 2は初代がそうであるように、新興国を視野に入れた廉価版iPhoneという位置づけであり、最新機能を心置きなく搭載するようなモデルではない、というのが理由です。
 
事実、ニュースサイトAppleInsiderは「現行のiPhone SEのデザインを大幅に刷新し、顔認証に使うTrueDepthカメラとフルスクリーンデザインを採用するのは、廉価版では考えにくい」と述べているほか、リーク情報に詳しいベンジャミン・ゲスキン氏も「現行iPhone SEと同じ外観デザインとディスプレイを採用」と述べています。
 
 
Source:SLASH GEAR
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる