Apple、「マップ」サービス改善のためドローンを活用

ドローン

ドローン
 
米運輸省からドローンを飛ばす許可を与えられたAppleは、「マップ」サービス改善のためドローンを活用する予定であることを認めました。Appleを含める10の企業にライセンスが付与されました。

ドローン利用でライバルに追いつけるか

Appleとともにドローンの使用許可が与えられた企業に、ライドシェアサービスのUber、運送会社FedExなどが挙げられます。商用ドローン大手のDJIや、Amazonのライセンス申請は今回は却下された模様です。
 
Appleはドローンを「マップ」サービス改善に使用するとのことです。Appleの「マップ」は、Google マップと比べて劣っているといわれることも多く、ドローンの活用でライバルに追いつくことを目指しているようです。
 
「公開前に顔やナンバープレートをぼかす予定であり、人々のプライバシーを守る心構えができている」と、Appleはドローンの使用方法についてReutersにコメントしています。
 
Appleは2年前から「マップ」サービス改善のためドローン利用を計画していたとされています。
 
 
Source:Reuters via Gadget 360
Photo:DFSB DE/Flickr
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次