トップページ > 最新情報 > Appleが地図サービス改善に向けてドローン利用を計画中?
2016年12月2日 14時33分

読了まで 156

Appleが地図サービス改善に向けてドローン利用を計画中?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-%e5%8d%88%e5%be%8c0-09-53
 
Appleが、地図サービスの改善に向けてドローンの利用と新たな屋内ナビゲーションシステムの導入を計画しているようです。12月1日、Bloombergが事情に詳しい関係者からの情報として報じました。

FAAよりドローン飛行の認可を得ていた

報道によると、Appleは2015年9月21日に米連邦航空局(FAA)に地図サービスの情報収集のためにドローンを利用する特例適用を申請し、2016年3月22日付で認可を得たそうです。
 
Appleはこの計画に向けて、ロボット工学やデータ収集の専門家を集めたチームを編成し、その内の少なくとも一人は米AmazonのPrime Air部門から引き抜いたと報じられています。
 
Appleは現在、ミニバンを使って地図サービス用の情報の取得と更新を行なっていますが、ドローンを使えばより迅速な情報収集ができるようになります。
 
また、使用するドローンは、DJIやAibotixといったメーカーの商品になる予定です。

屋内ナビゲーションシステムなど新機能も開発中か

別の関係者によると、マップアプリの新機能として空港や美術館など人通りの多い建物内でも道案内ができる屋内ナビゲーションシステムを開発しているようです。さらに、カーナビ機能では車線変更のガイダンスも改善されるとのことです。
 
Appleの純正マップアプリが登場したのは2012年のことでした。リリース当初はあまり評判が良くなかったものの、最近では精度が向上し、乗り換え案内にも対応するなど大幅な改善が進んでいます。
 
今回報じられた新しい機能は2017年にはリリースされる見込みですが、この件に関してAppleの広報関係者はコメントを控えています。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Apple
(nanakaba.n)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる