トップページ > 最新情報 > ポケモンGOのNiantic、プレーヤーの協力得て3D地図の構築を計画
2018年5月10日 19時41分

読了まで 21

ポケモンGOのNiantic、プレーヤーの協力得て3D地図の構築を計画

ポケモンGO
 
ポケモンGOを運営するNianticのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)が、プレーヤーのスマートフォンカメラで収集した画像をもとに、拡張現実(AR)技術を使った「ARマップ」と呼ばれる3D地図を作成する計画をReutersに明かしました。

ゲームの世界がより魅力的に

ジョン・ハンケCEOは、ユーザーのスマートフォンのカメラで捉えた画像を活用し、AR技術を使って新たなゲームの世界を構築する、「ARマップ」の計画をReutersに語っています。
 
「ARマップ」によって、ゲームの世界に架空の建築物を出現させたり、画面内に他のユーザーを登場させることで、ゲームの世界がより魅力的になり、新たなソーシャルアクティビティが推進される、とハンケ氏は語っています。
 
ポケモンGO
 
「ARマップ」用データの収集は、最初は公園や広場といった公共の場所から開始される、とのことですが、「ARマップ」の発表時期や、対応予定アプリといった具体的情報は明かされていません。
 
ハンケ氏は、「ARマップ」をサードパーティアプリの開発者にも開放し、世界的なビジネスへと展開させたい考えです。
 

Googleマップ立ち上げを率いた地図の専門家、ハンケ氏

ハンケCEOは、衛星写真から地図を構築するスタートアップKeyholeを創業し、同社がGoogleに買収された後は、Google マップやGoogle ストリートビュー、Google Earthの立ち上げを率いた、地図データのスペシャリストです。
 
2017年12月には、ポケモンGOのiOSアプリがARKitに対応し、ポケモンの後ろに回り込む、見上げる、そっと近づく、などの操作が楽しめるようになっています。

 
なお、ハンケ氏の古巣であるGoogleは先日、Google マップにARナビゲーション機能を追加することを発表しています。

 
 
Source:Reuters
Photo:YouTube(ポケモンGO)
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる