トップページ > 最新情報 > Appleの再生可能エネルギー100%での施設運営を実現させた立役者が退社
2018年5月2日 18時15分

読了まで 21

Appleの再生可能エネルギー100%での施設運営を実現させた立役者が退社


 
Appleグローバル・エネルギー・チームリーダーを務めたマイク・ペトゥホフ氏が、同社を離れ、電気モーター企業Software Motor Company(SMC)に加わったことがわかりました。ペトゥホフ氏は、新タイプの電気モーター事業に取り組むとみられています。

大きな功績を成し遂げた人物が退社

Apple再生可能エネルギー100%での自社施設の運営達成に大きく貢献したペトゥホフ氏が、SMCのビジネス開発部門のヴァイス・プレジデントとして同社に加わったことが明らかになりました。
 
ペトゥホフ氏がいつAppleを退社し、SMCに入社したかははっきりとしていません。同氏のLinkedInプロフィールによれば、ペトゥホフ氏はAppleのグローバル・エネルギーリーダーを2010年5月から2017年12月まで務め上げた後、今年の1月にSMCの現在の職に就いた模様です。
 
Appleにおいてペトゥホフ氏は、Apple Storeなどの小売店や、本社を含むすべての自社施設を100%再生可能エネルギーで運営する、ゼロカーボンフットプリント計画のデザインと実装の責任を担いました。Appleインフラのエネルギー費用の削減や、政府組織との協働だけでなく、電力会社との契約を取りまとめたり、エネルギープログラムを起ち上げ、エネルギーとカーボン算出プログラムの開発を行ないました。
 
ペトゥホフ氏の努力は特にApple新キャンパスのApple Parkに集約されているといわれています。100%再生可能エネルギーで運営される本社では、オンサイトの太陽光発電、グリッドベースの太陽光発電、オンサイトの燃料セル、バッテリー、マイクログリッドシステムなどが取り入れられています。
 
再生可能エネルギーに多額の投資を行なってきたAppleは、米環境保護庁(EPA)による、電力事業者を対象とする二酸化炭素排出削減政策クリーンパラープラン(CPP)の廃止計画にも断固として反対しています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる