トップページ > 最新情報 > Apple、ワイヤレスのAR・VR兼用デバイスを開発中か
2018年4月29日 15時39分

読了まで 141

Apple、ワイヤレスのAR・VR兼用デバイスを開発中か

apple ロゴ
 
Appleは、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の両方が使用できるヘッドセットの開発を行なっていると、米メディアCNETが伝えています。デバイスは自社製チップで動作し、2020年の発表が予定されているとのことです。

箱型デバイスと連動して動作するワイヤレスヘッドセット

ARをかねてから幾度も称賛してきたAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、バーチャルリアリティも視野に入れているようです。
 
関係者から新たに入ってきた情報によれば、AppleAR・VR兼用のヘッドセットを開発中であることがわかっています。デバイスは、両方の目に8Kディスプレイを装備し、コンピュータやスマートフォンなしで動作するとされています。
 
コードネーム「T288」のもと、開発が進められているヘッドセットは、2020年に発表される見込みです。
 
Appleのヘッドセットはコードレスになるといわれており、60GHz帯を使用する次世代無線LAN規格、WiGig規格で設置型の箱状デバイスと連動して動作するとみられています。
 
特に第2世代のWiGig、802.11ay規格は、さらに通信速度が速くなるといわれていますが、2019年までは最終バージョンが利用可能にならない見込みです。
 
 
Source:CNET
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる