Appleティム・クックCEO「App StoreにはすでにARアプリが1,000以上ある」

    ティム・クック

    ティム・クック
     
    先週2日、Appleの2017年第4四半期の収支報告でAppleティム・クック最高経営責任者(CEO)は、App Storeにはすでに1,000以上のARアプリがあることを明らかにしました。

    App Storeの起ち上げ時を彷彿とさせるARアプリの数

    先週2日、Appleの収支報告の会議電話でAppleティム・クックCEOはApp StoreのARアプリの数を明らかにしました。

    App StoreにはすでにARアプリが1,000以上ある

    クックCEOは続けて、「2008年のApp Storeの起ち上げを彷彿とさせる」とも述べます。
     
    2008年にApp Storeが起ち上げられた際、わずか800だったアプリの数は1年後には35,000まで伸びました。
     
    クックCEOは、9月のiOS11の提供開始から1年以内にARアプリの数が倍増すると予測しているようです。
     
    App Storeのアプリ数は2017年1月時点で、220万に達しており、iOSデベロッパーの支払額は700億ドル(約7.98兆円)を突破したと報道されています。

    ARが切り開く未来

    クックCEOは、会議電話のなかでARが未来を形作ると強く信じていることを強調しました。

    私の認識では、ARは、人間を隔離するのではなく、むしろその行動を拡大する。

    先月11日、オックスフォード大学のスタートアップ拠点の開会式で公演を行なった際にも、クックCEOは同じ旨のメッセージを大衆に対して伝えていました。
     
     
    Source:Apple via Forbes
    Photo:thierry ehrmann/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次