トップページ > 最新情報 > Apple、韓国の総責任者として元Samsungの人材を採用
2018年4月24日 17時19分

読了まで 140

Apple、韓国の総責任者として元Samsungの人材を採用

apple store カロスキル
 
Appleは、Samsungでヴァイス・プレジデントを務めたブランドン・ユン氏を韓国の総責任者として新たに採用したようです。国際ニュースエージェントBloombergが同氏のLinkedInプロフィールが更新されたことを発見しました。

韓国でのさらなる事業拡大なるか

2015年から2018年3月までSamsungのヴァイス・プレジデントだったユン氏は、長年Microsoftで日本や韓国、シンガポール、米国などで8つの役職を務め上げた人物です。そして同氏は今年4月からAppleに加わったとされています。
 
韓国が競合するSamsungのお膝元であることもあり、Appleは韓国での事業展開に苦しんできたことで知られています。
 
昨年韓国の公正取引委員会は、iPhone Xが発売される直前にApple韓国オフィスで強制捜査を行いました。最近では、現地キャリアに宣伝費を押し付けたとして制裁を科すなど、Appleは非常に厳しい扱いを受けています。
 
しかしながら、Appleは政府の圧力に屈しているわけではありません。今年1月27日、韓国におけるApple初の直営店をソウル市中心部の街路樹通り(カロスキル)にオープンしています。
 
 
Source:Bloomberg via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる