ローソン、スマホアプリを使ったセルフ決済の実証実験を開始 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ローソン、スマホアプリを使ったセルフ決済の実証実験を開始
2018年4月23日 16時26分

読了まで 212

ローソン、スマホアプリを使ったセルフ決済の実証実験を開始

ローソンスマホペイ


 
ローソンは4月23日〜5月31日までの期間限定で、スマホアプリを利用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を開始しました。期間中は東京都内の3店舗にて実証実験・利用状況の検証を行い、2018年度下期以降からニーズのある店舗に順次導入予定です。

店内ならどこでも決済可能

ローソンスマホペイは、事前にダウンロードしたローソン公式アプリを使い、商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることにより、店内のどこにいてもセルフ決済ができるサービスです。決済後は、スマホに表示されるQRコードを店頭の読み取り機にかざずことで、電子レシートも表示可能です。
 
今回の実証実験では、東京都内の3店舗「ローソン晴海トリトンスクエア店」「ローソン大井店」「ローソンゲートシティ大崎店」にローソンスマホペイが導入されます。
 
期間中の日中時間帯は、有人レジとローソンスマホペイを併用してレジの混雑緩和を試みます。また深夜の1〜4時に限っては、従業員のレジ作業軽減を目的として、レジ無人化の実証実験も行います。

ローソンスマホペイの利用方法

ローソンスマホペイを利用するには、事前にアプリのダウンロード、ローソンIDの登録が必要です。
 
ローソンアプリを起動すると、店舗チェックイン選択画面が表示されるので、自動検出もしくはQRコード読み取りで店舗を選択します。
 
店舗チェックイン
 
購入する商品を決めたら、該当商品のバーコードをアプリ専用のQRカメラで読み込み、決済をします。決済方法はクレジットカード、楽天ペイ、Apple Payのいずれかです。
 
なお、酒・タバコ・切手・ハガキ類・医薬品・カウンターフーズの販売・Loppi関連(予約商品など)・各種サービス受付(収納代行含む)は対応していません。また、返品する場合は店員に声掛けをする必要があります。
 
商品スキャン〜決済
 
決済完了後、表示されるQRコードを店頭の専用機に読み込むと、退店画面が表示され、電子レシートが発行されます。
 
退店
 

 

LAWSONアプリLAWSON
カテゴリ:ライフスタイル
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:ローソン via 携帯総合研究所
(kotobaya)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる