トップページ > 最新情報 > 2018年のiPhoneは需要が低め?主要サプライヤーTSMCが売上目標を下方修正

読了まで 150

2018年のiPhoneは需要が低め?主要サプライヤーTSMCが売上目標を下方修正

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

tsmc
 
Appleの主要サプライヤーの一つである台湾のチップメーカーTSMCは19日、iPhoneの需要が比較的低めと予測されることなどから、2018年の売上目標を下方修正しました。

iPhoneの高価格化が原因か?

「AppleはTSMCの売上の20%を占めるため、同社の売上の見通しから、iPhoneの需要が予測されていたものよりも低いことが伺える」と、英証券会社Atlantic Equitiesのアナリスト、ジェームズ・コードウェル氏はReutersにコメントしています。
 
また、名前を伏せた関係者によれば、TSMCの売上目標の修正は、まさにAppleが原因であるとのことです。
 
米国みずほ証券は、iPhone Xの需要は比較的弱く、iPhone8とiPhone8 Plusの売上台数は緩やかに下がっていると述べています。
 
TSMCが売上目標を下方修正したとの報道を受けて、AppleのNasdaqでの株価は2.5%下落しています。
 
また、Qualcomm、Intel、Qorvo、Skyworks Solutions、Broadcomなどの他のAppleサプライヤーの株価も2%〜5%下がったと伝えられています。
 
「今秋のiPhone新モデルがサプライチェーンを動かし始めるまで、スマートフォン市場は弱いだろう」と、調査会社Elazar Advisorsのアナリスト、カイム・シーゲル氏はコメントしています。
 
 
Source:Reuters via Gadgets 360
Photo:Patently Apple
(lexi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる