トップページ > 最新情報 > さよなら、PHS。2020年7月末でサービス終了
2018年4月20日 08時04分

読了まで 227

さよなら、PHS。2020年7月末でサービス終了

DDIポケット 京セラ AH-K3001V Wikipedia
 
ソフトバンクとウィルコム沖縄は、ワイモバイルによる一般向けPHSのサービス提供を2020年7月末をもって終了すると発表しました。自動販売機の遠隔監視用などの用途を除き、電話としてのPHSの歴史に幕がおります。

新規契約、機種変更は今年3月で受付終了

サービス終了となるのは、ワイモバイルが提供するPHSサービスの個人・法人両方の料金プランで、2020年7月末以降は利用ができなくなります。
 
PHSの新規契約、PHSへの機種変更や契約変更は2018年3月末をもって受付を終了しています。
 
なお、自動販売機の遠隔監視などに使われるテレメタリングプランは2020年8月以降も利用可能ですが、新規受付と変更受付は2019年3月末をもって停止することが発表されています。

ワイモバイルは機種変更キャンペーンを案内

ワイモバイルは、2020年8月以降はPHSが利用できなくなることから、同社の携帯電話・スマートフォンへの機種変更を案内しています。
 
ワイモバイル PHS 機種変更キャンペーン
 
機種変更キャンペーンとして、国内通話が無料となる「スーパーだれとでも定額」の月額料金1,000円が次の機種変更まで無料となるほか、通常3,000円の契約事務手数料が無料となります。

「ピッチ」の愛称で若者に人気だったPHS

日本におけるPHSサービスは、1995年にNTTパーソナル(現NTTドコモ)、DDIポケット(現ワイモバイル)、アステルの各グループによってサービスが開始されました。携帯電話と比べて端末代金、月額料金ともに手頃であることから「ピッチ」の愛称で若者の人気アイテムとなりました。
 
2001年にはDDIポケットが定額制データ通信サービス「AIR H”」を開始、2004年には京セラがフルブラウザOperaを搭載したAH-K3001Vが発売され、ユーザーから「京ぽん」の愛称で親しまれました。
 
2005年にはWindows Mobile OSとスライド式キーボードを搭載したW-ZERO3が発売され、スリムタイプのW-ZERO3[es]へとシリーズ化されるなど、印象深いサービスや端末もありました。
 

Advanced/W-ZERO3 [es] (WS001SH) asm

iPhone Mania編集部員も過去にAdvanced/W-ZERO3 [es] (WS001SH)を使用していました

 
しかし、携帯電話との競争激化、その後のスマートフォンの定着などによりPHSの契約者数は減少、総務省の発表によると昨年末の契約数は279万件です。
 
2017年4月に、ワイモバイルによるPHSの新規受付や契約変更を停止が発表されていました。

 
 
Source:ソフトバンク, ワイモバイル, Wikipedia
Photo:Wikipedia
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる