トップページ > 最新情報 > macOS High Sierra 10.13.5ベータ2が開発者向けに公開

読了まで 151

macOS High Sierra 10.13.5ベータ2が開発者向けに公開

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

macOS High Sierra
 
Appleは現地時間4月17日、macOS High Sierra 10.13.5ベータ2を開発者向けにリリースしました。初のベータ版から2週間、macOS High Sierra 10.13.4から3週間での公開となります。

「Messages on iCloud」が復活

macOS High Sierra 10.13.5ベータではiOS11.4ベータと同じく、メッセージをiCloudに保存することで、MacやiPhone、iPadでメッセージを共有できる「Messages on iCloud」が追加されています。これはmacOS High Sierra 10.13.4の初期のベータ版で登場していたものの、正規版リリースの前に削除された機能です。
 
そのほかバグの修正とパフォーマンスの向上が行われているようですが、Messages on iCloud以外の目立った機能の追加は確認できていません。

64ビットアプリへと完全に移行

現在公開されている最新版macOS High Sierra 10.13.4では、「メッセージ」で「ビジネスチャット」がサポートされ、ユーザーはメッセージ経由で企業と直接やり取りをしたり、商品やサービスを購入したりすることが可能となりました。ただしこの機能は現在米国でしか利用することができません。
 
またmacOS High Sierra 10.13.4は32ビットアプリをサポートする最後のバージョンであり、macOS High Sierra 10.13.5からは64ビットアプリへと完全に移行し、32ビットアプリは起動しなくなります。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる