2018年4月12日 07時15分

読了まで 158

「Appleの課題はハードではなくソフト」著名アナリストが指摘

ARKit Apple


 
Appleが近年直面している最大の課題は、ハードウェアではなくソフトウェアだと、Apple情報に詳しい証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が述べています。

AR分野ではOPPOがAppleに肉迫か

クオ氏は投資家らに配布した調査メモにおいて、Appleのソフトウェア開発の遅れが、ソフトとハードの統合という戦略にも影を落としていると指摘しています。
 
例えばAppleが力を入れている拡張現実(AR)技術では、中国のメーカーOPPOが急速な技術発展を遂げてAppleに肉迫しており、ARKitとの差は6〜9カ月程度しかない、とクオ氏は見ています。
 
そのため中国テンセントの人気ゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」のAR版(5月リリース予定)は、 XだけでなくOPPOの安価なスマホでもプレイ可能となる見込みで、同についてはAppleのリードは完全に失われています。

革新的なiOSのARアプリが出ていない

またクオ氏は、昨年6月の世界開発者会議(WWDC 17)でARKitを発表して以来、iPhoneとiPad向けの革新的なARアプリがリリースされていないとも述べています。
 
AppleがAR分野でライバルに差をつけるには、AR開発プラットフォームのARKitの開発、CPUとGPUを含むシステムオンチップ(SoC)のカスタム化、リアカメラのカスタム化で陣営に差をつけ、ライバルよりも先に人気のARアプリを市場に出す必要がある、というのがクオ氏の意見です。
 
ソフトウェアといえば、Appleは昨年、iOSやmacOSでバグや不具合の対応に追われました。そのため次のメジャーアップデートとなるiOS12では、目立った新機能の追加は行われず、小規模な変更にとどまるとも噂されています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる