トップページ > 最新情報 > Apple、MicroLEDディスプレイ製造で台湾企業と話し合い?
2018年4月6日 07時01分

読了まで 147

Apple、MicroLEDディスプレイ製造で台湾企業と話し合い?

Apple Watch Series3 Apple公式


 
AppleがMicroLEDディスプレイの製造について、台湾を拠点とするPlayNtrideと話し合いを行っているとDigiTimesが報じています。

台湾PlayNtrideと交渉中か

DigiTimesは両社が提携に至る可能性があるかどうかには触れていませんが、PlayNtrideは独自技術によるMicroLEDディスプレイ「PixelLED」を開発しており、同製品が将来Appleの製品に採用される可能性はあります。
 
DigiTimesによると、台湾の研究費配分機関である台湾化学技術部(MoST)はPlayNtrideに対し、5億台湾ドル(約18.37億円)の研究費配分を認めました。同社はこの資金により、新竹サイエンスパーク内に、MicroLED、ディスプレイモジュールなどを生産する施設を建設する予定です。

AppleはMicroLEDを自社開発との噂も

DigiTimesはつい先日、AppleがApple WatchとMacBook用にそれぞれ大型・小型のMicroLEDディスプレイを開発しており、小型ディスプレイについては台湾TSMCの技術協力を受けていると報じたばかりです。
 
Appleは部品の安定供給と価格抑制のため、複数のサプライヤーから部品を調達することで知られています。MicroLEDについては、本当にAppleが自社開発に取り組んでいるのであれば、その開発が軌道に乗るまでは、複数のサプライヤーの協力を受ける意向かも知れません。

 
 
Source:DigiTimes
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる