トップページ > 最新情報 > iPhone Xのノッチなんて怖くない〜カメラアプリ「Halide」で生きてくる耳部分
2018年3月31日 15時20分

読了まで 154

iPhone Xのノッチなんて怖くない〜カメラアプリ「Halide」で生きてくる耳部分

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

halide
 
センサー群などが画面の中央上部に収められ、ディスプレイを侵食するデザインのノッチ(切り欠き)は、AppleのiPhone Xから始まり、Androidデバイスにも相次いで採用されています。依然としてノッチの評価は芳しくありませんが、使用方法によっては素晴らしいものになり得るとの意見もあるようです。

ノッチも使い方次第で素晴らしいものに?

米メディアThe Vergeは、ミニマリストのマニュアル写真撮影アプリ「Halide」をiPhone Xで使用していて感じた、「耳」と呼ばれるノッチ両端部分の効果的な利用方法について詳細に述べています。
 
Halideは、iPhone Xがリリースされる前から存在しているカメラアプリですが、iPhone X上では情報表示のレイアウトが見直され、耳部分の左側には写真のヒストグラム右側には露出調整が表示されるようになっています。
 
The Vergeのライターは、アプリの情報表示法に感銘を受けたようで、「あたかもノッチが表示データを隔てるために作られたのではないかと思えるほど」と表現しています。
 
同氏は、他のアプリでもノッチの活かし方があるはずだと、ノッチに対して肯定的です。ゲームアプリの場合は、プレイヤーのスコアと残りのライフを表示したり、読書アプリの場合は、ページ番号とブックマークリンクを挿入したりと、ノッチと耳部分の様々な使い方を提案しています。
 

halideHalide – RAW撮影ができる手動カメラ
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格:¥600

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:Halide via The Verge
(lexi)

カテゴリ : 最新情報, iPhone X  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる