トップページ > iOS > 気づく?iOS11.3でクマやドクロなど、絵文字をわずかに修正
2018年3月31日 13時50分

読了まで 150

気づく?iOS11.3でクマやドクロなど、絵文字をわずかに修正

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

アニ文字 ios11.3
 
iOS11.3では新たに、iPhone Xを対象として4種類のアニ文字が追加されました。これに伴って、従来の絵文字に僅かな修正が加えられていることが分かりました。

気づかないくらいの微細な修正も


 
iOS11.3で追加されたアニ文字は、ライオン、クマ、ドクロ、ドラゴンの4種類です。しかし、このいずれもがiOS11.3以前から絵文字として存在していました。したがって、生き生きとしたアニ文字の表情に合わせるべく、絵文字のデザインが修正となったようです。
 

ライオン

 
口元がわずかに開くことで、立体感が強調されているほか、目元の白い光が小さくなっています。
 
アニ文字 ios11.3
 

ドクロ

 
全体的にスマートになりました。また、アニ文字で口が動くようになったため、絵文字にも下顎が追加されました。
 
アニ文字 ios11.3
 

クマ

 
どこが変わったのか分かりませんが、Emojipediaによると、わずかに色彩調整とアゴが鋭くなっているのだとか。
 
アニ文字 ios11.3
 

ドラゴン

 
これまでは白目を剥いていたのが修正されたほか、頭頂部のたてがみ、歯の本数が増えています。
 
アニ文字 ios11.3
 
このほかにiOS11.3では、バッテリーの状態を確認できる機能が追加されています。この機能では、発覚するまでAppleが告知していなかったとして訴訟問題にまで発展した、バッテリーのためにパフォーマンスを低下させる制御をオンオフ切り替え可能となっています。
 
 
Source:Emojipedia
(kihachi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる