トップページ > iPad > Apple、iWorkをアップデート〜手書きや本の作成が可能に
2018年3月28日 07時51分

読了まで 156

Apple、iWorkをアップデート〜手書きや本の作成が可能に

iwork_update_water_shed_032718
 
Appleは現地時間27日、アメリカ・シカゴで開催したスペシャルイベントにおいて、仕事効率化アプリケーションiWorkをアップデートし、新機能を追加したことを発表しました。

iWorkがApple Pencil対応に

Appleはスペシャルイベントにおいて、A10 Fusionチップを搭載、Apple Pencilに対応する新しい9.7インチiPadを発表しました。同時に特にPagesを中心に、iWorkのアップデートと新機能追加を明らかにしています。
 
まず今回のアップデートにより、Pages、Numbers、Keynoteで、Apple Pencilを使って絵を描いたり、文字を書いたりすることが可能になりました。
 
iwork_update_pencil_editing_032718

Pagesに「スマートアノテーション」やブック作成機能

ベータ版としてリリースされたPagesの新機能「スマートアノテーション」は、Apple Pencilを使ってコメントや校正を動的に付加できる機能です。フィードバックを取り入れて文書を変更しても、元のテキストに追加されたコメントや校正は連動してテキストの同じ位置に残ります。
 
iWork-update_Smart-Annotation_large
 
またPagesを使って、iPhone、iPad、Macで閲覧できる、インタラクティブなデジタルブックが簡単に作成できるようになりました。iPad、iPhone、Mac、およびiCloud.com上で、クラスメートや同僚とリアルタイムに共同制作することもできます。制作したブックは共有でき、iBookで表示可能です。
 
Pagesにはさらに発表者モードも追加されています。同モードに設定すると、調整したスピートでテキストが自動的にスクロールされるので、iPadやiPhoneを発表時にプロンプターとして利用することができます。
 
 
Source:Apple
(lunatic) 

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる