トップページ > iPad > 新9.7インチiPadが前モデルからアップデートされた点とは?
2018年3月28日 03時32分

読了まで 24

新9.7インチiPadが前モデルからアップデートされた点とは?

ipad_9_7_inch_pencil_slider_32718
 
Appleは28日、新しい9.7インチiPadを発表しました。新iPadはApple Pencilに対応し、A10 Fusionチップを搭載しつつも、価格は37,800円からと従来モデルと変わりません。
 
ただし教育機関については、割引価格で購入できることが明らかになっています。

9.7インチiPadをアップデート

Appleは、ちょうど1年前に発売した9.7インチiPadをアップデートしました。
 
新9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、ストレージ容量は32GBと128GBという点、また2.048×1,536ピクセル解像度のRetinaディスプレイ搭載、背面カメラが8メガピクセル、FaceTime HDカメラ(フロントカメラ)が1.2メガピクセルといった基本的な仕様は、前モデルと変わりません。

違いはApple Pencil対応とA10 Fusionチップ

異なるのは、前モデルがA9チップを搭載しているのに対し、新モデルはA10 Fusionチップを搭載していること、そしてApple Pencilに対応している点です。A10 Fusionチップ搭載により、前モデルと比べると、画像処理を多く必要とするアプリの場合、処理速度が50%向上しているとのことです。
 
価格はWi-Fiモデルの32GBが37,800円、128GBは48,800円、Wi-FiプラスCellularモデルは32GBが52,800円、128GBは63,800円で、前モデルから据え置きとなっています。
 
ただし教育機関については、通常329ドル(日本では37,800円)のところ、30ドル安く買い入れることができます。またApple Pencilについても、通常価格は99ドル(日本では10,800円)ですが、教育機関は89ドルでの購入が可能です。

9.7インチiPadは売れ行き好調

MM総研の調査で、昨年発売された9.7インチiPadが、手頃な価格でiPadの売れ行きを牽引したことがわかっています。
 
 
Source:Apple
(lunatic)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる