トップページ > 最新情報 > 2017年の国内タブレット出荷台数は863万台、iPadが8年連続シェアトップ

読了まで 26

2017年の国内タブレット出荷台数は863万台、iPadが8年連続シェアトップ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPad
 
2017年の国内タブレット端末出荷台数を、調査会社のMM総研が発表しました。AppleのiPadがシェア40%を占め、調査開始以来8年連続で1位となりました。手頃な価格の第5世代iPadが人気を集めたものの、iPadの出荷台数は減少しました。

2017年の国内タブレット出荷台数は863万台、前年比1.4%のプラス

2017年(1〜12月)の国内タブレット端末の出荷台数は、前年比1.4%増となる863万台でした。2016年は、2010年の調査開始以来初めての前年割れとなりましたが、プラス成長に転じました。
 
大手携帯キャリアが販売するAndroidタブレットを中心に、携帯ネットワークが利用可能なセルラーモデルが人気となった一方で、Wi-Fiしか利用できないモデルの出荷台数は2013年から4年連続で減少しています。

iPadがシェア40%で8年連続トップ

メーカー別出荷台数では、AppleのiPadシリーズがシェア40%を獲得し、日本にタブレット端末が登場した2010年以降、不動の8年連続1位を確保し続けています。しかし、出荷台数は2014年をピークに3年連続で減少しています。
 
iPadシリーズは、2017年3月に発売された9.7インチの第5世代iPadが、3万円台(32GBのWi-Fiモデル)と手頃な価格となったことで、Wi-Fiモデル、Wi-Fi + Cellularモデルともに人気を集めました。
 
2017年国内タブレット端末出荷概況 MM総研
 
Apple以下のシェアは、2位がHuawei、3位がLG、4位が富士通、5位がNECレノボとなりました。

2018年、iPadも顔認証を搭載か

2018年のタブレット市場についてMM総研は、iPhoneやiPad、多くのAndroidスマートフォンに搭載されているQualcomm製チップを搭載した、Windowsタブレットが日本でも発売されて注目を集めるだろう、と予測しています。
 
なお、2018年に発売されるiPadには、顔認証のFace IDが搭載され、iPhone Xのようなフルディスプレイデザインが採用されるだろう、と予測されています。

 
 
Source:MM総研
Photo:Apple
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる