トップページ > 最新情報 > KDDI、50台の5G対応タブレットを使った4K映像の同時配信に成功
2018年3月26日 12時14分

読了まで 154

KDDI、50台の5G対応タブレットを使った4K映像の同時配信に成功

4K映像の同時配信実験


 
KDDI、KDDI総合研究所、国際電気通信基礎技術研究所の3社は、次世代ネットワーク「5G」に対応したタブレット端末50台を使用して、スタジアムにおける4K映像の同時配信に成功した、と発表しました。

実証実験ではSAMSUNG製のタブレットを活用

KDDIなど3社は、2018年3月5日〜2018年3月9日にわたり、沖縄県の沖縄セルラースタジアム那覇で、5Gネットワークを活用したスタジアム内での4K映像同時配信実験を行いました。
 
本実証実験では、スタジアムの観客席に28GHz帯の実験システムエリアを構築し、観客席全体を5Gエリアとしてカバー。さらにSAMSUNG製の5G対応タブレット端末50台を1塁側と3塁側にそれぞれ25台ずつ設置し、4K映像の同時配信を行いました。5G対応タブレット端末の活用、ならびに4K映像同時配信の成功は国内初だそうです。
 
今後スタジアムにて本技術が採用されれば、遠くて見づらい観客席でも会場の臨場感を感じながら、高精細リアルタイム映像を通してイベントを楽しむことができます。
 

5Gネットワークに力を入れるSAMSUNG

今回の実証実験で5Gタブレットを提供したSAMSUNGは、先日韓国で開催された「平昌五輪」の5G体験ブースにおいても、デモ用端末として5G対応タブレットを提供、さらに会場周辺の5Gネットワークも構築し、その技術を世界にアピールしました。
 
また、今年の1月には米通信大手Verizon Communicationsと5Gの商用化に向けた契約を締結、米国で初めて5Gを商用化する米サクラメント市でもSAMSUNGが準備を進めており、同社が5Gサービスに力を入れていることがわかります。
 
 
Source:KDDI,日本経済新聞
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる