トップページ > iPad > Appleの教育関連イベント、会場設営作業が始まる
2018年3月26日 10時39分

読了まで 26

Appleの教育関連イベント、会場設営作業が始まる

イベント会場
 
Appleが3月27日(日本時間28日未明)に開催する教育関連イベントの会場では、その準備が始まっています。今回のイベントはライブ中継が実施されないと報じられていますが、発表内容には大いに注目が集まっており、その会場の準備の様子も多くのAppleファンの注目を集めています。

屋外にステージ、デモエリアを設置

イベント会場となるシカゴのLane Technical College Prep High Schoolでは、屋外にステージや新製品(新プラットフォーム)のデモンストレーションエリアの設置が始まっています。現時点で発表内容のヒントになるような建造物や掲示物は確認されていませんが、もしかしたら会場設置が進めば何らかのヒントが見えてくるかもしれません。

 

イベント会場

 

イベント会場

 

仮設会場の周辺には関係者以外が近づけないように警備員が多数配置されているようで、Appleもイベントの内容が事前に漏洩することには神経をとがらせているようです。なお今回のイベントの会場があるシカゴは中部時間エリアであり、同じ午前10時開始でもカルフォルニア州で開催されるイベントよりも2時間早く(日本時間28日午前0時から)始まります

発表内容はiPadとApple Pencil?

今回のイベントは教育関連イベントということもあり、それに関連するハードウェア、ソフトウェアの発表が期待されています。少し前から噂になっていた低価格なiPadの発表はほぼ確実とみられており、それに付随してApple Pencilについても何らかの発表があるとみられます。iPadの価格が現在よりもさらに低く設定されれば、教育機関での採用も増え、iPadの用途がさらに拡大すると予想されます。

 

Apple Pencil

 

この低価格なiPadでApple Pencilが使えるようになれば、学習効率も上がるでしょう。Apple Pencilについての発表にも期待が持てます。また一般ユーザーにとっても低価格なiPadとApple Pencilの組み合わせは魅力的です。3月27日のイベントには大いに期待したいと思います。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる