トップページ > 最新情報 > Apple、フランス政府の「アプリ開発者を利用している」との訴えを否定
2018年3月16日 17時22分

読了まで 148

Apple、フランス政府の「アプリ開発者を利用している」との訴えを否定

apple store フランス


 
フランス当局が、AppleとGoogleを「侮辱的なビジネス慣行」を行なっているとして提訴する方針であることを受けて、Appleは仏メディアに対し、フランスのアプリ開発者にこれまで支払った総額を明らかにし、フランスの訴えを否定するコメントを述べた模様です。

フランス経済への貢献度を強調

「フランス国内の数万人の開発者たちと強い関係性を持つことができて誇りに思う」と、Appleはフランス政府の訴えに対する返答を、仏メディアLe Figaroを介して発表しました。
 
Appleによれば、フランスの開発者はこれまで10億ユーロ(約1,305億円)をApp Storeで稼いだとのことです。「多くの才能ある開発者たちは、少人数で事業を立ち上げ、155カ国のユーザーにアプリを提供することで成長していった。これは、AppleのiOS、開発ツール、App Storeへの投資がなければ不可能だった」と、Appleはフランス経済に対する貢献について語りました。
 
また「フランスの裁判所で、この誤解を晴らすために語る準備ができている」ともAppleは述べており、フランスの開発者の夢をかなえるため、フランスの学生のプログラミング教育も続けていく姿勢を示しています。
 
フランス当局が、開発者のデータをすべて取得していると非難したことに対しては、「常にユーザーのプライバシーとセキュリティを確保しており、サードパーティアプリのユーザー取引に我々はアクセスできない」と、Appleは訴えを跳ねのけました。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる