KDDI、4GLTEで自律飛行するドローンの遠隔巡回警備の実証実験に成功

4G LTEで自律飛行する複数ドローンを活用した広域警備

4G LTEで自律飛行する複数ドローンを活用した広域警備
 
KDDIはNEDO、テラドローン、セコムと協同し、4GLTE環境下で自律飛行するドローンを活用した、遠隔警備実証実験を行いました。モバイル通信ネットワークを活用した複数ドローンによる遠隔警備は、世界初の試みだそうです。

不審者への注意喚起や不審火の発見も可能

今回の実証実験では、KDDIが構築したドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」と目視外の長距離運行が可能な「スマートドローン」計4機を活用して、広域施設における遠隔巡回警備を行いました。
 
実証実験の内容
 
運行管理室では、高感度カメラを搭載したドローンから送られてくる映像をもとに施設の警備対応にあたります。また、ドローンにはスピーカー、赤外線カメラ、LEDライトが搭載されているため、不審者への注意喚起や不審火の発見も可能、夜間のセキュリティ強化にもつながります

既存の防犯カメラと併用

近年では、大規模スポーツイベントや国際会議などにおけるセキュリティの重要性は年々高まっています。また国内の労働人口減少により、これまで以上に効率的な警備対応も求められています。
 
今後は、既存の防犯カメラと複数の自律飛行型ドローンを併用することで、昼夜問わず、より広域な範囲でのセキュリティ対策を効率的に行えるようになるとのことです。
 

 
 
Source:KDDI
(kotobaya)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2016年より専業Webライターとして活動。iPhone使用歴は11年以上。iPad、MacBook Pro、Apple Watch、AirPods Pro、AirTagなどApple製品を愛用。

特集

目次