トップページ > 最新情報 > AppleはiPhone Xのデザイン侵害でAndroid陣営を提訴できるか
2018年3月14日 16時47分

読了まで 228

AppleはiPhone Xのデザイン侵害でAndroid陣営を提訴できるか

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iphone x
 
アクティブディスプレイの領域を最大限確保するため、iPhone Xの採用によって一気にメジャーとなった「ノッチ(切り欠き)」デザインですが、まるで“雨後の筍”のように続々とiPhone Xに酷似したスマートフォンがAndroidから登場しています。Appleは彼らを訴えることができるのでしょうか。

濫造されるノッチ型スマートフォン

最近、中国のネットではスマートフォンに対して「审丑疲劳」という見方があるそうです。これは直訳すれば「審“醜”疲れ」といったところで、iPhone Xのような「美しくない」ノッチ(刘海:「前髪パッツン」の意)デザインが余りにもAndroid陣営から乱発された結果、評価するのに疲れてしまったというわけです。
 
下記は現在、iPhone Xに似たデザインを採用している主だったスマートフォンの一覧です(iPhone Xを含む)。
 

iphone x android ノッチ

 
しかし、ここまで多くのスマートフォンがiPhone Xに追従しているとなると、ひとつの疑問が沸き起こります。これは、Appleの持つデザイン特許を侵害していることにはならないでしょうか。

Appleはデザイン特許を持つが

事実、2016年11月に米国特許商標庁(USPTO)に対し、AppleはiPhone Xの前身とも呼べるデザインの権利を申請しています。
 
中国で申請したのは2017年4月で、国内ベンダーであるOPPOやXiaomiの同様の権利よりは遅いものの、専門家によるとアメリカでの申請日が基準となるそうです(下記画像はOPPOが申請した特許)。
 

oppo ノッチ 切り欠き 特許 iphone x

 
したがって、iPhoneのホームボタンを含むデザインについて、Appleが何年にも渡ってSamsungと骨肉の争いを続けていることを思えば、Android陣営にも同様の訴えを起こすことはできそうなものです。

現実的に訴えるのは難しそう

それでも、中国メディアのIT時報は「ノッチの形状とデータが極めて酷似していて初めて、権利を侵害している疑いを持つことができる」と指摘し、Appleが他ベンダーを訴えることは現実的には難しいのではないか、と指摘します。
 
また、ノッチというデザインを回避して、カメラやセンサーを搭載するのが難しいことも、訴訟の難しさの一つです。現に、ノッチに頼らずベゼルレスデザインを採用しているのは、XiaomiのMi MixシリーズやSamsungのGalaxyなど一部だけです。
 
xiaomi mi mix
 
さらに、Androidのスマートフォンメーカーに言わせれば、彼らが使っているのはあくまでも「別のディスプレイデザイン」の特許だそうです。つまり、先述したOPPOならば自前の権利ですし、特許を持たないそれ以外のメーカーにとってもサプライヤーが取得したデザイン権利なので、単にそれらを使っているに過ぎないというわけです。
 
 
Source:威锋网,BGR,Sangbe
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる